妊娠中、授乳中の薬の服用・花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告 |

花粉症.comTop▲

妊娠中、授乳中の薬の服用


授乳中の場合、基本的に薬は飲まないほうがいいです。

自己判断で市販薬を飲んだりするようなことは、絶対に避けるようにしてください。



妊娠中の人も同様です。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、花粉症の症状が悪化することが多いようです。

また、それまで平気だった人が妊娠をきっかけに花粉症を発症してしまうこともあります。

厚生労働省の研究班による「鼻アレルギー診療ガイドライン」には、妊婦の使用実績に応じた薬の安全評価が示されていますが、

「妊娠4か月の半ばまでは原則として薬物は避けたほうが安全」としています。

点眼薬、点鼻薬などの局所治療薬はまず問題はないとされていますが、医師と相談してください。




また妊娠中は、できるだけ花粉を吸い込まない、付着させないようにすることが最善の予防策だと思われます。

妊娠中に花粉を吸入しないことは、母親の花粉症の症状の軽減だけでなく、胎児へのアレルギー体質の重症度にも影響するといわれています。
できるだけ外出を避け、花粉を遠ざける工夫を徹底し、薬を飲まずにシーズンを乗り切ることを目指しましょう。



 重度の症状が出ていて、どうしても辛いときは、妊婦が花粉症治療に服用してきた実績のある抗ヒスタミン剤など、服用可能な薬もありますので、かかりつけの医師に相談してみることをおすすめします。


また花粉症によいとされているさまざまな民間療法、健康食品などを使用する場合は、事前にやはり医師に相談したほうが安心です。

また花粉症のくしゃみで流産や早産を心配する人もいらっしゃいますが、その心配はまずいりません。

ただ腹圧がかかることで「おなかに張りを感じる」または「子宮に力が入ってしまう」ときは、産婦人科医に相談が必要です。



妊婦に対する治療のポイントは

・鼻への温熱療法、入浴、むしタオル、マスクによる薬を使わない方法を試みるのが最善の方法です。

・妊娠4ヶ月以後で、どうしても薬が必要な場合は、

 *鼻用ケミカルメディエーター遊離抑制薬

 *鼻用局所ステロイド薬

など局所用薬を最小量で用いることです。






TOP妊婦、授乳中の薬の服用妊娠中、授乳中の薬の服用 |

花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。