花粉症の治療法・花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告 |

花粉症.comTop▲

花粉症の治療法


花粉症の薬剤治療
花粉症の対症療法には大きく分けて、抗アレルギー薬によるものとステロイドによるものがあります。

さらに抗アレルギー薬は、
(1)肥満細胞からのケミカルメディエーターの遊離を抑えるもの(メディエーター遊離抑制薬)と、
(2)遊離された後のケミカルメディエーターの作用を阻害するもの(抗ケミカルメディエーター薬:抗ヒスタミン薬、抗プロスタグランジン薬、抗ロイコトリエン薬など)、に大別できます。

なおステロイドを広義の抗アレルギー薬として分類する人もいます。




抗ヒスタミン薬の服用。
花粉症アレルギーを抑えます。

飲んで数時間で効果性がある抗ヒスタミン薬(第一次)は薬局などで購入できます(薬剤師が在住している店舗でないと購入できません)。

数日から1週間以上服用して効果がある抗ヒスタミン薬(第二次)については医師の処方箋が必要です。

抗ヒスタミン薬については副作用として投薬後に眠くなりやすいので乗り物の運転には要注意です。


局所ステロイドの投与

アレルギーを押さえる方法です。
局所的なステロイドの使用、特に点鼻薬の場合は一般的なステロイド薬と違い人体に悪影響を与える場合は少なく、重症の鼻炎がある場合には積極的に用いられます。

ステロイド注射
一般的に花粉症になったら「注射」すれば治ると噂になっている療法です。
こちらは局所ステロイド投与とは違い、アレルギー全体を押さえる方法です。
その為に悪影響が多く、体調不良になりやすいとされます。

その他
直接アレルギーを抑えるわけではありませんが、不規則な生活リズムや過労などのストレスはアレルギー症状を悪化させるため、これらを避けることは症状を減弱させるために有効であるされています。


根治療法
花粉症の確実な根治療法はまだ確立されていません。
いくつかの方法が考案されていますが、効果には個人差が大きく、これらの方法で確実に花粉症が治せると言った保証がないのが現実です。

減感作療法
アレルギーの元となる花粉を体内に注射することで、体をアレルゲンに慣れさせることによってアレルギーの症状をなくす療法です。約6割~8割の患者が完治する、といわれていますが、1年~2年の長期に渡って週に何度も注射をしなければならず、治療の即効性はありません。

なお、日本では皮内注射による療法が一般的ですが、海外では舌下式、点鼻式の療法も広く行なわれています。

レーザー手術
鼻の穴に直接レーザーを照射して物理的に鼻水・鼻づまりを押さえる方法です。
保険が効きます。ですが、レーザー照射をしてから数日はレーザー照射した傷口を治すために花粉症以上の鼻水が出ることもあります。

個人差があるので、確実ではなく、更に効果は整形手術などとは違い1~2年程度なので毎年行わなければなりません。


各種民間療法
甜茶、シジュウム(グァバ、蕃石榴の葉)茶、凍頂烏龍茶、紫蘇の葉、ミント、かりん酒、他にも花粉症を抑えるツボなどがあります。


TOP花粉症の治療法花粉症の治療法 |

花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。