花粉症の原因と対策・花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告 |

花粉症.comTop▲

花粉症の原因と対策


花粉症は、本来、腸に侵入した寄生虫からの感染を撃退する役割をもつ抗体である、IgE抗体が、花粉など健康に害をもたらさない物質に対して反応することで起こる症状です。


花粉症を発症するには、花粉などの原因物質を鼻や口から体内に取り込んだからといって、すぐに発症するわけでなく、ながいことその原因物質に接触するたびに体内に「IgE抗体」が蓄積され、それが、ある水準に達して始めてアレルギー発症の準備がととのった状態になります。


体内で作られる抗体は、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類ありますが、アレルギー反応に介在する抗体は「IgE抗体」です。血清中のIgE値が異常に高い人の場合、ほとんどが花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー症状を示します。


ここで問題なのは、そもそも腸内で活動すべき「IgE抗体」が、本来は、IgG抗体の持ち場である鼻粘膜・気管支で活動することです。つまり、鼻粘膜・気管支などからの細菌侵入を防ぐスペシャリストであるIgG抗体を押しのけて、余計な働きを「IgE抗体」が行うことが花粉症のそもそもの原因なんです。


ですから、IgE抗体の暴走をとめて腸内での活動に留めることができれば花粉症は克服できるとおもわれます。では、なぜIgE抗体の暴走が生じるのかということですが、いまのところ考えられているのが、腸内環境が何らかの理由で悪化してその結果IgE抗体が暴走するというものです。腸内環境が悪化するのはいろいろな理由があります。ストレスだったり、食生活であったり、様々です。その原因を取り除いていけば自ずと腸内環境は良好なものとなると思われます。


そして、腸内環境を良好にするといえば、乳酸菌やビフィズス菌です。乳酸菌やビフィズス菌を手軽に摂るにはヨーグルトです。ヨーグルトを摂ることで花粉症を予防できることが実証されてもいるようです。ところが、今販売されているヨーグルトは実に多様でその含まれる乳酸菌も多種にわたります。そして、花粉症の抑制に効果のある乳酸菌の種類は人によって異なることがわかってきました。



つまり、花粉症の対策のために腸内環境を整えるには、もっとも力を発揮しそうな乳酸菌の種類が含まれているヨーグルトを探し出すことが大切なポイントになるわけです。花粉症といえば対症療法が中心でしたが、その元となる腸内環境を整えることで花粉症を克服するというのは新しい考えですが、理論的には合理性があると思うのですがいかがでしょうか?


乳酸菌サプリメントのショッピングコーナー
手軽に摂れるサプリメントの乳酸菌です。
参考になればいいのですが。


ヨーグルトのショッピングコーナー
ヨーグルトを取り揃えています。
皆様の少しでもお役に立てれば幸いです。


TOP花粉症の原因と対策花粉症の原因と対策 |

花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。