花粉症の対策・花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告 |

花粉症.comTop▲

花粉症の対策


花粉症への対策としては、物理的に花粉と接触しないようにするか、花粉症の各症状を投薬で抑えることを目的とした対症療法と、花粉症そのものの治療をすることを目的とした根治療法に大別できます。

花粉症は花粉が飛散する前から薬などで予防をしておくと花粉症になりにくいといわれています。
そして、花粉症になってしまうと、治療がとても難しいので注意が必要といわれています。
花粉症に対し正しい知識を持ち、医師とよく相談して適切な処置を行うのが大切です。


アレルゲンの除去と回避
花粉症の症状はアレルゲンと接触したときにのみ現れるので、それを防ぎさえすれば症状は現れません。
このため花粉との接触を断つことがもっとも効果的な対策です。

花粉は特に屋外で飛散している量が多く、また花粉症の症状は目や鼻で強く現れるため、ゴーグルやマスクを屋外で着用することをすすめます。

また屋外で飛散している花粉が衣服に付いて室内に持ち込まれると、屋外だけでなく室内でも症状が強く現れるようになります。
これを避けるため、花粉症の季節に花粉の付着しにくい上着を着用したり、帰宅時に玄関の外で花粉を落としてから入室するなどの対策も有効です。

他にも最近では室内に付着している花粉を吸い取ってくれる空気清浄機やエアコンなどもよく売れています。

花粉の排除や回避はもっとも有効な解決法ですが、花粉は目に見えない大きさの小さな粒子で、また屋外のいたるところで空気に混じって飛散しているため、完全に対策することは難しいのが現状です。

特にスギやヒノキの花粉は飛散量が多く、広範囲に飛散するために対処が困難です。
ただし、地域によってはスギ花粉の飛散量が少ないため、花粉症の症状が現れないところもあります。

原因植物自体を排除することも、自宅の庭に生えたキク科植物などがアレルゲンになっている場合には有効です。
ただし、スギやヒノキなどのように植林あるいは自生している範囲が広いものでは、この対策をとることは難しいです。

ご自分の症状は何が原因なのかを把握することが重要なことです!

TOP花粉症の原因と対策花粉症の対策 |

花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。