花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



花粉症.comTop▲

エキナセア


エキナセアというハーブが、花粉症の症状緩和に効果があるとされています。エキナセアは、和名をムラサキバレンギクというキク科の多年草植物で、北アメリカ原産のハーブです。古くからネイティブアメリカンの間で、解毒や風邪症状の緩和、皮膚病の治療など民間薬として広範囲に用いられてきました。



エキナセアは、抗菌作用を持つエキナコサイド、ストアイン酸などのポリフェノールを含んでいます。ポリフェノールは、活性酸素を除去する働きがあることで花粉症やアトピー性皮膚炎で発生する活性酸素の除去作用に期待されています。これらは殺菌力、皮膚の治癒効果も高く、アレルギーのほかにもニキビ治療にも有効とされています。



エキナセアに含まれている、カフェー酸誘導体などは、細胞表面のウィルス受容体をウィルスからブロックすることにより、ウィルスの細胞内侵入を妨害すると考えられていて、抗インフルエンザウィルスも期待されています。また、エキナセア研究の中心だったドイツでは、医療品として広く流通しています。エキナセアは、9種類確認されていますが、薬用として認められているのは3種類です。中でも最も研究が進んでいるのがエキナセア パープレア(Echinacea purpurea)という品種です。



エキナセアは開花時に採取することが有効成分を得るには必要なことであり、エキナセアの有効成分が機能していることの目安が、アルキルアミドの含有量といわれています。アルキルアミドが多く含まれているほど有効成分があるということです。アルキルアミドは、舌の麻痺を引き起こす成分でもあり、古くは、ネイティブアメリカンは、この感覚をエキナセアの品質の評価に用いていたとされています。



エキナセア茶は、苦味や酸味といったくせのある味がほとんどありません。ですから、例えば、香りの強いエルダーフラワーや、ローズヒップなどとのブレンドが合うようです。さらに、化粧水やうがい薬にするなどといった使い方もおすすめです。一時にあまり多量に飲用すると、めまいや吐き気を覚えることもあるようです。がぶ飲みするのはおすすめしません。お茶としての浸出時間は5分くらいが目安です。
エキナセア 含有製品 最新一覧 By 楽天



花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。