花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



花粉症.comTop▲

花粉症とゲルマニウム


花粉症に効果があるものとしてゲルマニウムが注目されています。ゲルマニウムといっても大きく分けて2種類ありその一つは半導体として使われる無機ゲルマニウムで、あと一つはサルノコシカケや高麗人参などに含まれる有機ゲルマニウムです。



無機ゲルマニウムの方が広く知られていますが、こちらは、毒性があることがわかっています。以前ブームのときこの無機ゲルマニウムを口から摂取して死亡している方もいらっしゃいます。ですから、まちがっても、無機ゲルマニウムは体内に入れてはいけないものなんです。



これに対して、有機ゲルマニウムです。あるメーカーが生産しているものについては、体内に入れても非常に安全なものとして確認されています。そして、この有機ゲルマニウムにはさまざまな効能が認められるとしていてそのひとつに、花粉症やアトピーがあるというのです。ところが、そのメカニズムは残念ながら未だ解明されていません。つまり、なぜかわからないが効果があるというのが今の現状のようです。おそらく人間の本来持っている自然治癒力を有機ゲルマニウムが助けるからではないかと推論しているようです。



以前ゲルマニウムが流行したのは、有機ゲルマニウムを試験的に使用しているのを聞きつけた誰かが手に入れやすい無機ゲルマニウムを効果があるものとして早とちりしたのが原因なのではないでしょうか?



花粉症.comTop▲

花粉症とミネラルバランス


花粉症に悩む人が絶えることがありません。個々の症状に対する原因や対処法はかなり研究されてきました。しかし、一番いいのは根本的に花粉症にならないことです。それを誰もが願っています。



そこで、ここでは、ミネラルバランスについて考えてみたいと思います。ミネラルは体内で合成できない栄養素の一つです。ですから、常に食事などでバランスよく摂らなければなりません。



しかしながら、現代の食生活の乱れは眼を覆いたくなるものがあります。さらに心配なのが食材そのものの栄養素の低下です。見栄えだけが優先されて中身の栄養素がスカスカの食材がどんどん増えてしまったんです。これは、憂うべきことです。



そしてミネラルですが、ミネラルは私たちの身体にとってごく少量あればいいものがほとんどです。その数は80種類を超えるとも言われています。これら多種類のミネラルが相互に影響しあって存在しているようなんです。



ですから、ミネラルを摂るときは単体ではなく多種類のミネラルをバランスよく摂ることが大切のようです。例えばカルシウムは単体で摂るよりもマグネシウムやリンなどと一緒に摂った方が吸収が良いのは知られていることです。



つまり、あらゆるミネラルを過不足無くとることができれば、本来のミネラルバランスを取り戻すことが出来その結果花粉症に対処できる身体になるのではないかと考えられるわけです。



そんななか、話題になっているのが海洋深層水なんです。人類は海の生物から進化してきたとされています。そして、陸上に上がるときに体内に海の水を持つことで陸上生活を送れるようになったというんです。それが、細胞外液であるといわれています。そして、細胞内液には海のミネラル成分が封じ込められているというのです。



実際、海洋深層水のミネラル成分は細胞内液と同じなんです。これは、人類だけではなくあらゆる地上の生き物に共通したものなんです。ですから、海洋深層水を継続的の摂る事で体内のミネラルバランスが本来のものになり、花粉症に対処できるからだとなるかもしれないんです。以上はあくまでも私の勝手な推論ですので、ご容赦のほどお願いいたします。



花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。