花粉症の原因と対策・花粉症を克服する為に!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



花粉症.comTop▲

花粉症と乳酸菌の相性


花粉症の対策には腸内環境を良好に保つことが大切なわけですが、そのためには食物繊維と乳酸菌が大きな役割をしていると考えられています。つまり、食物繊維と乳酸菌を毎日充分摂ることが花粉症対策には必要とされているわけです。


食物繊維は腸内を掃除して排泄物とともに排泄されるために常に摂らなければならないんですが、乳酸菌も腸内に留まるのはせいぜい3日間ぐらいですぐに排泄されてしまうのでこれも毎日とる必要があるんです。花粉症対策としては毎日欠かせないものなんです。ところが、東北大学院農学研究科の齋藤忠夫教授が人の血液型ごとに腸内に長期間とどまる乳酸菌があることを発見しました。


乳酸菌が腸内にとどまるには、腸管の表面に存在するムチンと呼ばれる物質(糖タンパク質)と結合する必要があります。そして、このムチンの糖鎖構造が、ABO式の血液型別によって性質が異なるために、それぞれに適合する乳酸菌が異なるわけです。


齋藤教授は、それぞれの血液型と相性の良い乳酸菌を探しだす事にも成功しました。つまり、A型の特性をもつムチンに結合するA型乳酸菌、同様にB型の特性をもつムチンに結合するB型乳酸菌というように、それぞれの血液型と相性の良い乳酸菌を見つけ出したわけです。そして、それぞれに相性のいい乳酸菌を摂取することで乳酸菌が長く腸内にとどまり、より高い花粉症対策効果を得られと考えられるわけです。


これは、ムチンという物質に注目した乳酸菌の相性診断です。しかし、日常においての相性診断もできます。それは、一週間同じ乳酸菌を摂り続けて便の色を確認することです。便の色が、黒ずんでいなくて黄色に近い色ならばその乳酸菌は良く働いていて、あなたの花粉症対策として役に立っているといえます。


ヨーグルトのコーナー
ヨーグルトを取り揃えています。
皆様の少しでもお役に立てれば幸いです。


乳酸菌サプリメントのショッピングコーナー
手軽に摂れるサプリメントの乳酸菌です。
ヨーグルトの苦手な方にはおススメです。
参考になればいいのですが。







花粉症.comTop▲

花粉症の原因と対策


花粉症は、本来、腸に侵入した寄生虫からの感染を撃退する役割をもつ抗体である、IgE抗体が、花粉など健康に害をもたらさない物質に対して反応することで起こる症状です。


花粉症を発症するには、花粉などの原因物質を鼻や口から体内に取り込んだからといって、すぐに発症するわけでなく、ながいことその原因物質に接触するたびに体内に「IgE抗体」が蓄積され、それが、ある水準に達して始めてアレルギー発症の準備がととのった状態になります。


体内で作られる抗体は、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類ありますが、アレルギー反応に介在する抗体は「IgE抗体」です。血清中のIgE値が異常に高い人の場合、ほとんどが花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー症状を示します。


ここで問題なのは、そもそも腸内で活動すべき「IgE抗体」が、本来は、IgG抗体の持ち場である鼻粘膜・気管支で活動することです。つまり、鼻粘膜・気管支などからの細菌侵入を防ぐスペシャリストであるIgG抗体を押しのけて、余計な働きを「IgE抗体」が行うことが花粉症のそもそもの原因なんです。


ですから、IgE抗体の暴走をとめて腸内での活動に留めることができれば花粉症は克服できるとおもわれます。では、なぜIgE抗体の暴走が生じるのかということですが、いまのところ考えられているのが、腸内環境が何らかの理由で悪化してその結果IgE抗体が暴走するというものです。腸内環境が悪化するのはいろいろな理由があります。ストレスだったり、食生活であったり、様々です。その原因を取り除いていけば自ずと腸内環境は良好なものとなると思われます。


そして、腸内環境を良好にするといえば、乳酸菌やビフィズス菌です。乳酸菌やビフィズス菌を手軽に摂るにはヨーグルトです。ヨーグルトを摂ることで花粉症を予防できることが実証されてもいるようです。ところが、今販売されているヨーグルトは実に多様でその含まれる乳酸菌も多種にわたります。そして、花粉症の抑制に効果のある乳酸菌の種類は人によって異なることがわかってきました。



つまり、花粉症の対策のために腸内環境を整えるには、もっとも力を発揮しそうな乳酸菌の種類が含まれているヨーグルトを探し出すことが大切なポイントになるわけです。花粉症といえば対症療法が中心でしたが、その元となる腸内環境を整えることで花粉症を克服するというのは新しい考えですが、理論的には合理性があると思うのですがいかがでしょうか?


乳酸菌サプリメントのショッピングコーナー
手軽に摂れるサプリメントの乳酸菌です。
参考になればいいのですが。


ヨーグルトのショッピングコーナー
ヨーグルトを取り揃えています。
皆様の少しでもお役に立てれば幸いです。




花粉症.comTop▲

花粉症は食事で治る?


花粉症は、毎日の食事を見直すことで治すことができると主張する人がいます。

以下はその抜粋です。

人民のための“健康長者”養成ナビ


大不況にピッタリ、食費わずか月1万円少々で可能な超ヘルシー生活のススメ
食生態学者・山田博士(ひろし)が、あなたの「家計と健康」を同時に救います。

だけど食費を減らせば家族が倒れるし、「家計と健康」を同時に救う方法なんて、そんな夢のような話、いまどき、あるわけないよね!

そのようなかたにお答えします。
すでに「6000名のメルマガ読者」に
毎回案内をし、
実践したかたから多くの喜びの声を
いただいているこの方法を、
あなたにぜひ知ってほしいと思います。


「お金をかけないほど」健康になるなんて、ふふふ、ご存じでしたか?


信じられないことでしょうが、
わずか、「月1万少々の食費」こそが、
あなたの今後の人生を、
ハッピーにする方向へ
向けさせます。



先天性の病気は別ですが、あなたが現在、アトピーや花粉症などのアレルギー、あるいは内臓のあらゆる疾患で悩んでおられるなら、それらはすべてお金をかけずに「自分で」治せます。 なぜなら、それらの原因は、すべてご自分で撒(ま)いた種のせいだから。


◆日ごろ、高価な無添加食品やいわゆる健康食品、有機食品などに
 大金を払っているのに、いっこうに体調が変化しないかたは、きっと
 目からウロコでしょうね。
 いままで、その選ぶ種類が問題だったんです。

◆これは理論だけじゃなく、第3巻で、ぼくが実際に作っているシンプ
 ル・レシピを紹介していますので、その日から役立ちます。
 ふふふ、これがなぜか大人気となっておりますぞ。

◆そのレシピは、珍しい語り口調になっていますので、独身のかたや共
 働きのかた、いや子どもさんさえ、いままで包丁を握ったことのない
 かたにも、読むだけで楽しくなります。

 しかも発ガン物質を取り除き、アレルギーを快方させる素敵なレシピ。
 こんなレシピ、いままでありましたか。
 もうほとんどこれだけで、あなたは生きてゆくことが出来るでしょう
 ね。

◆しかも、タダで出来る安全な水の作りかたは、多くのかたに大人気で
 す。
 ぼくもいつもこの方法で「水」を作っています。
 トリハロメタンなどを防ぐこの方法だけでも、一生分の財産になると
 思っています。

 だからこの「人民のための“健康長者”養成ナビ」を求める価格は、
 とてつもない金額でもいいのかも……(笑)。
 ぼくは20代のころからこの方法で水を「作って」おります。
 ぜひ、毎日活用して下さい。

◆アレルギーを起こす物質が、ふだんの食べものに添加物として含まれ
 ていることをどうぞお知り下さい。
 中には口にしてわずか1時間でアレルギーを起こすものもあります。
 卵やミルクなど、いわゆる5大アレルゲンと言われているものだけで
 はない、こんなものが、身近で使われているんですね。

続きはこちらです





花粉症.comTop▲

花粉症の対策


花粉症への対策としては、物理的に花粉と接触しないようにするか、花粉症の各症状を投薬で抑えることを目的とした対症療法と、花粉症そのものの治療をすることを目的とした根治療法に大別できます。

花粉症は花粉が飛散する前から薬などで予防をしておくと花粉症になりにくいといわれています。
そして、花粉症になってしまうと、治療がとても難しいので注意が必要といわれています。
花粉症に対し正しい知識を持ち、医師とよく相談して適切な処置を行うのが大切です。


アレルゲンの除去と回避
花粉症の症状はアレルゲンと接触したときにのみ現れるので、それを防ぎさえすれば症状は現れません。
このため花粉との接触を断つことがもっとも効果的な対策です。

花粉は特に屋外で飛散している量が多く、また花粉症の症状は目や鼻で強く現れるため、ゴーグルやマスクを屋外で着用することをすすめます。

また屋外で飛散している花粉が衣服に付いて室内に持ち込まれると、屋外だけでなく室内でも症状が強く現れるようになります。
これを避けるため、花粉症の季節に花粉の付着しにくい上着を着用したり、帰宅時に玄関の外で花粉を落としてから入室するなどの対策も有効です。

他にも最近では室内に付着している花粉を吸い取ってくれる空気清浄機やエアコンなどもよく売れています。

花粉の排除や回避はもっとも有効な解決法ですが、花粉は目に見えない大きさの小さな粒子で、また屋外のいたるところで空気に混じって飛散しているため、完全に対策することは難しいのが現状です。

特にスギやヒノキの花粉は飛散量が多く、広範囲に飛散するために対処が困難です。
ただし、地域によってはスギ花粉の飛散量が少ないため、花粉症の症状が現れないところもあります。

原因植物自体を排除することも、自宅の庭に生えたキク科植物などがアレルゲンになっている場合には有効です。
ただし、スギやヒノキなどのように植林あるいは自生している範囲が広いものでは、この対策をとることは難しいです。

ご自分の症状は何が原因なのかを把握することが重要なことです!



花粉症.comTop▲
Copyright © 花粉症.COM All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。